ブログアーカイブ

薬剤師の求人で年間休日120日以上は難しい?

薬剤師の求人で年間休日120日以上は非常に魅力的です。

とくに調剤薬局やドラッグストアとなれば基本的に立ちっぱなしの体力勝負の仕事です。

さらに患者さんへの説明もしっかり行わなければなりませんし、調剤で絶対にミスができないプレッシャーとも向き合って行かなければなりません。

企業であっても人の命にも関わる薬を扱うという重圧があります。そのため、しっかり休暇を取りたいのは山々です。

では、どうしたらそのような職場につけるのでしょうか。その方法を考えつつ年間休日120日以上というキーワードを分析していきましょう。☆☆☆

続きを読む ›

タグ: , ,
カテゴリー: 雇用条件

薬剤師の求人で管理職候補を目指すには

薬剤師の求人で管理職候補を目指すことは収入アップといった目的もありますが、キャリアアップを目指す手段としても捉えられます。

そのため、管理職クラスの職に就くことを一つの大きな目標にするのもやる気アップの面でも良いでしょう。

なにしろ管理職候補から管理職になるために高度なスキルを必要とする場合が多く、それらを習得するために結果として認定薬剤師や専門薬剤師を目指す人も多くいます。

では、管理職候補になれる求人を見ていき、職場の現状を見ていきながら、実際に転職を行うためのコツを掴みましょう☆☆☆

続きを読む ›

タグ: , ,
カテゴリー: 雇用条件

薬剤師が求人に残業月10時間以下を求めるには

薬剤師の求人で残業月10時間以下、というのは残業を少なく抑えたい人にとっては欲しい条件と言えます。

残業が少ない就職先を求める人は、残業がない時間を利用して自分の時間を有効活用し、私生活を充実させたいと考える場合が多いです。

他にも考えられるメリットを挙げていきますので、薬剤師の就職先で残業の現状を押さえつつ、残業の少ない就職先の探し方を見ていきましょう☆☆☆

続きを読む ›

タグ: , ,
カテゴリー: 雇用条件

薬剤師、求人で産休・育休取得実績ありの職場のメリット、デメリット

薬剤師の求人で産休・育休取得実績ありという言葉は女性が多い職業であることからよく聞かれます。

やはり少子化対策が求められる時代でありますので、妊娠に出産、育児に関わってくる法律や保障などが整備されている就職先が注目されています。

2010年には育児・介護休業法が変わり、男性も育児休業が取得可能となりました。

しかし、法律ができても実際に実績がないと不安です。薬剤師が実績を備えた就職先を見つける際に必要なポイントを見ていきましょう。☆☆☆

続きを読む ›

タグ: , ,
カテゴリー: 雇用条件

薬剤師の求人で車通勤可の条件は要チェック

薬剤師の求人で車通勤可、というのが見られますが、実際に転職を考えるとどのような交通手段をもって通勤するかということは思っている以上の問題になります。

電車の駅やバス停が近くになく、尚且つ車通勤が不可で徒歩や自転車で対応しなければならない時、その手間によって場合によっては通勤が理由となって仕事をやめてしまうこともあります。

そんな見落としがちなキーポイントである薬剤師の通勤方法について見ていきましょう☆☆☆

続きを読む ›

タグ: , ,
カテゴリー: 雇用条件

薬剤師の求人で勉強会あり、その種類と内容

薬剤師の求人で勉強会あり、とあるとどのような印象を抱くでしょうか。

勉強会には、会社の中で行い社内勉強会や外部で参加する外部勉強会があります。

これらの勉強会では具体的な医薬品を取り扱い、情報共有の場としたり、より基本的な会話スキルなどを取り扱うものと種類はたくさんあります。

具体的に職場ごとにどのような勉強会があるか見つつ、勉強会に焦点を当てた転職活動のコツを見ていきましょう☆☆☆

続きを読む ›

タグ: , ,
カテゴリー: 雇用条件

薬剤師の求人、転勤なしのキーワードからわかること。

薬剤師の求人で転勤なし、というのは多くの魅力を持ち合わせています。

やはり一箇所に腰を据えて働けるというのは精神的な安心感をもたらしますし、長期的な計画も立てやすいです。

しかし同時に仕事によってはキャリアをうまく積めなかったり、人間関係などで環境を変えたいと思っても他に移れる場所がないため、転職するしかない、という風に追いつめられてしまうこともあります。

「絶対に転勤したくない」と考えている場合、どうやって転勤のない会社を探せばいいのでしょうか、そして転勤なしということがどのようなメリット、デメリットをもたらすのか見ていきましょう☆☆☆

続きを読む ›

タグ: , ,
カテゴリー: 雇用条件

薬剤師の求人、駅チカっていいこと?悪いこと?

薬剤師の求人で駅チカ、というとメリットばかりのように思えますが、実際はどうでしょうか。

また、薬剤師としての駅チカ、というキーワードにはどのような意味があるのでしょうか。

メリット、そしてデメリットを見ながら駅チカの求人は薬剤師にとってどのようなものなのか見ていきましょう。☆☆☆

続きを読む ›

タグ: , ,
カテゴリー: モチベーション, 雇用条件

薬剤師の求人数ランキング、薬剤師の転職事情

薬剤師の求人数をランキング形式で見てみると、やはり薬剤師しか就くことが出来ないということで調剤薬局の求人数が多いことがあります。

その次に最近多いドラッグストア、病院と続き、最後に企業と並ぶのが一般的です。

求人数の比率の話をすると、一番少ない企業の求人数を「1件」としたとき、企業の次に少ない病院が「7~10件」、2番目に多いドラッグストアが「50~70件」、1番多い調剤薬局は「150~200件」にもなります。

そのような求人数の格差ができる理由、また、この情報を活かして賢く転職する方法などをご紹介していきましょう☆☆☆

続きを読む ›

タグ: , ,
カテゴリー: 職種・勤務先

薬剤師が求人のsmoに転職しようと思うときの注意点

薬剤師の求人でsmoのcrcはよく見るものですが、その求人条件の多さや仕事内容の不明瞭さに関して不安を覚える薬剤師もいるでしょう。

そのような不安を解消し、自分がsmoで活躍したいか、アピールできる能力がある薬剤師なのかを確認していきましょう☆☆☆

続きを読む ›

タグ: , ,
カテゴリー: 職種・勤務先
薬剤師転職サイト

【1位】:リクナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱リクルートドクターズキャリア

求人大手のリクナビ、さすがの実力です。大手企業の求人に特に強いので、どこをメインに使うか決められない方はリクナビ薬剤師を選べば間違いありません。あなた専任の担当さんが、あなたの悩みをじっくり丁寧に聞いてくれますよ。

【2位】:マイナビ薬剤師

オススメ度:★★★★★
運営:㈱マイナビ

マイナビ薬剤師は求人の数・質共にリクナビに劣らず、利用者満足度の高いサービスです。企業系の求人に強いという特色もあり、親身に相談に乗ってもらえますので併用をオススメします。

【3位】:エムスリーキャリア

オススメ度:★★★★☆
運営:エムスリー株式会社

リクナビ、マイナビだけでは不安・・・という時の併用にオススメです。年収の高い求人に強く、スピード感のあるサービスが売りの薬剤師転職サイトです。