「2015年7月」の記事一覧

薬剤師会に入るべきか否か?

薬剤師会に入会する、というと薬剤師のためだけの保険制度があることで薬局や病院といった直接患者さんと触れ合う機会の多い仕事に就いている場合有効だと考えられています。 しかし、実際にはそれ以外にもいくつかの特典があり、案外薬・・・

病院薬剤師が小児科で求められるものとは?

病院薬剤師で小児科にて働くということは、患者さんである子どもの他にも保護者の方を相手にする、ということになります。 そのことから知識だけでなく、様々な面での気遣いといったスキルが求められます。 それらの点を踏まえ、薬剤師・・・

薬剤師の長期休暇取得の可能性

薬剤師が長期休暇をとれる、というのは、どのような職業か、そして会社の福利厚生に寄るといえるでしょう。 代わりに出社できる人がいる規模の大きい会社や、休暇制度が整った会社であれば長期休暇をとれる可能性は高いですが、やはり厳・・・

薬剤師が調剤拒否出来る場合ってあるの?

薬剤師が調剤拒否、というと仕事を拒否しているということです。 何の理由もなく仕事を拒否することは当たり前ですが決して許されることではありません。 しかし、人の命を預かるという特殊な仕事である上、拒否することが正しい判断の・・・

病院薬剤師が注射剤の調剤で活躍するということ

病院薬剤師が注射剤の調剤をする、という仕事ですが、実はそれだけではありません。 注射剤の調剤以外にも、それらの管理、医師からの処方が患者さんに、時代的に適切であるかといったいくつものポイントをチェックする必要があります。・・・

病院薬剤師と医師、その関係とは

病院薬剤師と医師は、指示を出す側と指示を受けて動く側というイメージでしたが、最近ではその考え方が大きく変わろうとしています。 医薬分業の形が固まる中で、薬剤師の地位が向上し、同時に薬剤師の責任も大きくなりました。 しかし・・・

薬剤師と薬歴管理の関係とは?

薬剤師と薬歴管理は、特に現代の高齢化、医療の専門化などによって非常に重要な関わりを持つようになっています。 薬歴管理は薬剤師のみならず、多くの医療機関に共有されることによって治療の効率化といった面で患者さんの役に立つこと・・・

急性期病院の薬剤師になるということは?

急性期病院の薬剤師というのは、非常に忙しく、大変なイメージがあるものですが、その忙しさ、大変さがあるだけ、得るものがあると言えます。 しかし、そのなかでも注意点というものも存在しますので、それらを押さえつつ、急性期病院で・・・

薬剤師の転職、面接で質問されることの注意点って?

薬剤師、転職で面接の質問としての定番は実は他の職業でもだいたい同じです。 しかし、専門的な分野であったり、免許を取るまでに時間がかかるということで、ある程度納得できる答えを準備する必要があります。 では、どのような質問が・・・

運営者情報 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ