「2016年8月」の記事一覧

調剤薬局で人見知りする薬剤師が苦手な患者とは反応が極端な患者さん

調剤薬局で人見知りする薬剤師が苦手な患者としては、いくつかの種類が挙げられます。 あまり反応のない患者さんや気が立っている患者さん、そして人見知りする薬剤師が苦手とするよく話してくる患者さん。それらの患者さんの対応の仕方・・・

調剤薬局で薬剤師が怖い患者トップ3

調剤薬局で薬剤師が怖い患者とは大きく分けて3種類あります。 クレームばかりつけてくるお客さん、怒っていたり、イラついているお客さん、そして何も言わない、もしくは嘘つきな患者さんです。 それぞれについて事例を挙げていくとと・・・

調剤薬局で薬剤師が患者さん相手に悔しいと思うとき

調剤薬局で薬剤師が患者さんを相手に悔しいと思うときには、きちんとコミュニケーションが取れず、薬剤師、患者さん双方の言いたいことが通じないときが挙げられるでしょう。 悪意はなくとも薬剤師がうまく患者さんの意図を読み取れなか・・・

調剤薬局で人見知りする患者が苦手な薬剤師とは人見知りを理解できない薬剤師

調剤薬局で人見知りする患者が苦手な薬剤師には、患者さんがどう思っているのか理解できていない人が多いといえます。 そのような人は言われなくては気づかない場合が多く、特に人見知りする患者さんはなかなか自分の意見が言えないので・・・

調剤薬局で患者が怖い薬剤師とは、薬剤師の役割を果たせない薬剤師

調剤薬局で患者が怖い薬剤師とは、何も態度が悪い薬剤師だけではありません。 患者さんは薬剤師を信用してお薬を受け取るので、その薬剤師の行動が患者さんを怖がらせるものであると、その薬剤師は患者さんが怖いと思う薬剤師になります・・・

運営者情報 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ