「雇用条件」の記事一覧

病院薬剤師、当直なしで先々まで働ける?

病院薬剤師で当直なしの条件の転職先を考える際にまず当直がなぜ必要かを考えてみましょう。 24時間患者がいる病院、つまりは入院患者を持つ病院で働く場合、薬剤師に夜勤・当直・オンコールといった勤務形態に就く必要があります。 ・・・

薬剤師の求人で年間休日120日以上は難しい?

薬剤師の求人で年間休日120日以上は非常に魅力的です。 とくに調剤薬局やドラッグストアとなれば基本的に立ちっぱなしの体力勝負の仕事です。 さらに患者さんへの説明もしっかり行わなければなりませんし、調剤で絶対にミスができな・・・

薬剤師の求人で管理職候補を目指すには

薬剤師の求人で管理職候補を目指すことは収入アップといった目的もありますが、キャリアアップを目指す手段としても捉えられます。 そのため、管理職クラスの職に就くことを一つの大きな目標にするのもやる気アップの面でも良いでしょう・・・

薬剤師が求人に残業月10時間以下を求めるには

薬剤師の求人で残業月10時間以下、というのは残業を少なく抑えたい人にとっては欲しい条件と言えます。 残業が少ない就職先を求める人は、残業がない時間を利用して自分の時間を有効活用し、私生活を充実させたいと考える場合が多いで・・・

薬剤師、求人で産休・育休取得実績ありの職場のメリット、デメリット

薬剤師の求人で産休・育休取得実績ありという言葉は女性が多い職業であることからよく聞かれます。 やはり少子化対策が求められる時代でありますので、妊娠に出産、育児に関わってくる法律や保障などが整備されている就職先が注目されて・・・

薬剤師の求人で車通勤可の条件は要チェック

薬剤師の求人で車通勤可、というのが見られますが、実際に転職を考えるとどのような交通手段をもって通勤するかということは思っている以上の問題になります。 電車の駅やバス停が近くになく、尚且つ車通勤が不可で徒歩や自転車で対応し・・・

薬剤師の求人で勉強会あり、その種類と内容

薬剤師の求人で勉強会あり、とあるとどのような印象を抱くでしょうか。 勉強会には、会社の中で行い社内勉強会や外部で参加する外部勉強会があります。 これらの勉強会では具体的な医薬品を取り扱い、情報共有の場としたり、より基本的・・・

薬剤師の求人、転勤なしのキーワードからわかること。

薬剤師の求人で転勤なし、というのは多くの魅力を持ち合わせています。 やはり一箇所に腰を据えて働けるというのは精神的な安心感をもたらしますし、長期的な計画も立てやすいです。 しかし同時に仕事によってはキャリアをうまく積めな・・・

薬剤師の求人、駅チカっていいこと?悪いこと?

薬剤師の求人で駅チカ、というとメリットばかりのように思えますが、実際はどうでしょうか。 また、薬剤師としての駅チカ、というキーワードにはどのような意味があるのでしょうか。 メリット、そしてデメリットを見ながら駅チカの求人・・・

薬剤師が決算賞与ありの転職先を選ぶ際に考える事

薬剤師の決算賞与あり、という求人票がありますが、どういう意味なのでしょうか。 決算賞与というものがどのようなものかを見ながら、それのもたらすメリットやデメリット、そして決算賞与のある会社を希望する場合の求人の探し方などを・・・

病院の薬剤師が勤務時間を考えると?

病院の薬剤師の勤務時間というのは、もともと長いというイメージが付きまといますが、実際にはどのようなものなのでしょうか。 また、働くママさんや自分の時間を大切にしたい人などが病院で働く上での注意点などを含め、ポイントを押さ・・・

薬剤師の長期休暇取得の可能性

薬剤師が長期休暇をとれる、というのは、どのような職業か、そして会社の福利厚生に寄るといえるでしょう。 代わりに出社できる人がいる規模の大きい会社や、休暇制度が整った会社であれば長期休暇をとれる可能性は高いですが、やはり厳・・・

薬剤師の転職で1000万を確実にするためには?

薬剤師の転職で1000万円の年収を手にする場合について考えてみましょう。 高収入が期待できる薬剤師の職業ですが、やはり1000万円以上となると、その数はかなり限られてきます。 しかし、決して不可能ではなく、きちんと転職先・・・

薬剤師の転職で700万の年収を狙うなら?

薬剤師が転職で700万円を年収で得るというのは、珍しいことではありません。 薬剤師の平均年収は、全国で見ると、おおよそ500万円から650万円程度となっています。 この数字は仕事や職場の地域、男女関係なく平均したものにな・・・

薬剤師が転職を60歳で行うのは可能?不可能?

薬剤師で転職を60歳で行う、というのは昔であれば会社の定年が60歳であったことからなかなか考えられないことでした。 しかし、2013年4月に法改正が行われ、すべての会社では、定年を65歳まで引き上げるか、従業員と再契約を・・・

薬剤師の転職、50代で行うために

薬剤師が転職を50代で考えるのは決して珍しいことではないのですが、転職する上には様々な理由があり、そしてその対策として転職する際の注意点があります。 それらの注意点を踏まえつつ、50代での転職の可能性を探っていきましょう・・・

薬剤師の転職で残業は重要な要素?

薬剤師の転職、残業は考えるべき? 薬剤師の転職で残業というのは非常に重要な要素です。 残業が多いと、どうしても自分の時間が少なくなり、それがストレスになってしまい、悪い場合では健康を損なう結果になってしまいます。 また、・・・

薬剤師の年金ってどんなもの?

薬剤師の年金、といってどのようなイメージが有るでしょうか。 もちろん、通常の国民年金や厚生年金などへの加入も可能である薬剤師ですが、薬剤師におすすめの年金があることをご存知でしょうか。 それらの年金制度の紹介とともに、そ・・・

薬剤師のフィジカルアセスメントは今後必要なもの!

薬剤師のフィジカルアセスメントというと、最近さらに着目されている薬剤師の技術の1つです。 この事前評価を行うことに関しては社会的にも、そして薬剤師にとってもメリットが多く存在します。 そもそもフィジカルアセスメントとは何・・・

薬剤師が土日休みが出来る職場ってどんなとこ?土日休みの求人を探す時の注意点4つ!

薬剤師が土日休みを取るためにはどのような転職先が考えられるのでしょうか。土日休みということには多くのメリットが考えられます。 それらのメリットに合わせ、土日休みの職場の紹介、およびそれらの職場を選ぶ際の注意も見て行きまし・・・

薬剤師の転職で漢方に関わりたい場合、必要になる事って?

薬剤師の転職で漢方に関わりたいという人が増えてきています。 そもそも、漢方というものは以前からあったものの、その効果はあくまでもおばちゃんの知恵袋、といったような科学的根拠に欠けるものとしての扱いが多少ありました。 しか・・・

薬剤師がエリアマネージャーになるということ

薬剤師がエリアマネージャーになるということは、いくつかの店舗や支店を受け持つ責任のある役職につくということです。 そのため、いくつかの店舗がある会社でなければならない、その仕事を未経験でいきなり管理者側のエリアマネージャ・・・

薬剤師が産休を取得するために必要なこと

薬剤師が産休をとって仕事を続ける、というのは女性が多いことでしやすいように感じますが、実際には職場によっては産休制度の有無、活用率などが変化していきます。 そして産休を活用する側にも責任が必要となるなど、薬剤師の産休制度・・・

薬剤師の育児制度の利用に関する事情

薬剤師が育児と仕事を両立させることには、もちろん制度がまず必要ですが、さらにそこからその制度を活用しても復帰できるという周りの理解というものが必要になります。 そのような育児の大変さを理解してくれる職場に転職を成功させる・・・

中高年の薬剤師が転職するということは難しいこと?

中高年の薬剤師が転職する、ということには様々な理由があります。落ち着きたいから調剤薬局、もっとバリバリ働きたいから再就職、ほんとうに様々です。 しかし、やはり中高年だと就職口などに不安があるものです。実際に中高年の薬剤師・・・

薬剤師の転職にコツがあるとすれば、それは計画性

薬剤師の転職にコツがあるとすれば、そのコツとはやはり、転職を計画的に行うということでしょう。 薬剤師の転職は回数が増えてしまうと履歴書の中で見栄えも悪いですし、本人にとっても転職グセが付いてしまいます。 理想に近づけるよ・・・

薬剤師のボーナスってどのくらい?

薬剤師のボーナスが高いところか低いところ、どっちがいい? と聞けば高いほうがいいというのが普通でしょう。しかし、ボーナスだけで転職先を決めるのは難しいことですし、同時にないがしろにするわけにも行きません。 実際に賞与とい・・・

薬剤師の転職、未経験のパターンと対応方法

薬剤師が転職、未経験である、という条件だけではいくつか取り方があります。 つまり、転職自体が未経験なのか、新たに転職する際の転職先の仕事が未経験なのか、そもそも薬剤師としての活躍が未経験なのか、などといった解釈の仕方があ・・・

薬剤師が転職でキャリアアップ出来るためにおすすめの資格って?

薬剤師の転職でキャリアアップをするならどのような資格がオススメ? 薬剤師が転職でキャリアアップといえば、現在のところ、様々な認定薬剤師・専門薬剤師資格があります。 認定薬剤師の中でも代表的なものを挙げただけでも認定実務実・・・

薬剤師の転職、回数が多いとやはり不利になるのか?

薬剤師の転職の回数というのは、他の職業に比べて資格がある分、多い傾向にあります。しかしいくら資格があるからといって、あまりにも転職の回数が増えてしまうと少々問題です。 そのような問題が生まれてしまう原因などを挙げるととも・・・

運営者情報 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ