「モチベーション」の記事一覧

薬剤師の使命は患者の利益を守ること!かかりつけ薬剤師ならできる!

  目次 薬剤師の使命は患者さんの利益を守ること 薬剤師の使命を果たすならかかりつけ薬剤師はうってつけの制度! 薬剤師の使命は健康サポート薬局でさらに広がっていく 薬剤師の使命を果たすなら転職サイトを使おう! ・・・

総合病院の門前薬局の薬剤師ならやる気と根性が必要!

総合病院の門前薬局の薬剤師として働くことからどのようなことが読み取れるでしょうか。 総合病院の近くには、その病院の処方箋を受け付けることを目的とした調剤薬局が並んでいます。 そうした薬局を門前薬局と言いますが、調剤薬局へ・・・

薬剤師の求人、駅チカっていいこと?悪いこと?

薬剤師の求人で駅チカ、というとメリットばかりのように思えますが、実際はどうでしょうか。 また、薬剤師としての駅チカ、というキーワードにはどのような意味があるのでしょうか。 メリット、そしてデメリットを見ながら駅チカの求人・・・

薬剤師が決算賞与ありの転職先を選ぶ際に考える事

薬剤師の決算賞与あり、という求人票がありますが、どういう意味なのでしょうか。 決算賞与というものがどのようなものかを見ながら、それのもたらすメリットやデメリット、そして決算賞与のある会社を希望する場合の求人の探し方などを・・・

薬剤師と緩和ケア、これからの高齢化社会の中で求められるもの

薬剤師と緩和ケアは、今後さらに高齢化社会に進むにあたって、切っては切れない関係にあります。 緩和、というのは治療と似て非なるものです。薬剤師に求められる緩和ケアにおける役割を考える上で知っておくべきことなどを挙げていきま・・・

薬剤師の社員割引は何で決まる?

薬剤師の社員割引制度は、勤めている会社の規模、業務内容の違いによって異なってきます。 その違いからどのような特典が期待できるかを見ていき、薬剤師が転職を考える際の1つのポイントとしていきましょう☆☆☆

KYT(危険予知トレーニング)は薬剤師にとって重要なもの

KYT(危険予知トレーニング)は薬剤師のみならず、多くの職業の方に活用されているトレーニングです。 薬剤師のミスは結果的に医療過誤となり、被害者、加害者共にダメージを残す最悪の事態です。 そのような事態が起きないためにも・・・

調剤薬局の薬剤師の勤務時間は長い?

調剤薬局での薬剤師の勤務時間とは、薬剤師の就く他の職業と比べて長いのでしょうか? どの職業も8時間労働が基本ですが、やはり残業が発生しやすい仕事というものがあります。 職業別に勤務時間が長くなる理由などを紐解きながら、転・・・

薬剤師の長期休暇取得の可能性

薬剤師が長期休暇をとれる、というのは、どのような職業か、そして会社の福利厚生に寄るといえるでしょう。 代わりに出社できる人がいる規模の大きい会社や、休暇制度が整った会社であれば長期休暇をとれる可能性は高いですが、やはり厳・・・

病院薬剤師が注射剤の調剤で活躍するということ

病院薬剤師が注射剤の調剤をする、という仕事ですが、実はそれだけではありません。 注射剤の調剤以外にも、それらの管理、医師からの処方が患者さんに、時代的に適切であるかといったいくつものポイントをチェックする必要があります。・・・

薬剤師の転職で1000万を確実にするためには?

薬剤師の転職で1000万円の年収を手にする場合について考えてみましょう。 高収入が期待できる薬剤師の職業ですが、やはり1000万円以上となると、その数はかなり限られてきます。 しかし、決して不可能ではなく、きちんと転職先・・・

専門薬剤師になるため、そしてなったら

専門薬剤師はチーム医療が注目され始めたことで重要視され始めた薬剤師のための資格です。 専門薬剤師の資格を持っていることにどのようなメリットがあるのか、この資格を目指すことにどんな意味があるのか、様々な観点から掘り下げてい・・・

薬剤師の転職で田舎と都会での働き方の違いって?

薬剤師が転職で田舎に移る、となると、給料アップや実家からの通勤など、多くの目的がありますが、都会から田舎に移るということには様々な覚悟をしなければならないことがあるということを知っておくべきでしょう。 特に都会で仕事をし・・・

薬剤師の店長ならやりがいのドラッグストア?働きやすい調剤薬局?

薬剤師の店長になるといっても、調剤薬局かドラッグストアか、さらにその会社が全国チェーンなのか、個人経営なのかといった違いで内容は大きく異なってきます。 そのため、その転職先で長く働きけるようにするためにはそれぞれの特徴を・・・

薬剤師の薬局長とはどのようなものなのか

薬剤師の薬局長というと、薬局に務めたことがない人にとっては少々聞き慣れない言葉かもしれません。 薬局長というと管理薬剤師と一緒にされたりとなかなか実態がつかめないものかもしれません。 しかし、薬局長というのは非常にやりが・・・

管理薬剤師として働くメリットとデメリット

管理薬剤師というと、名前は知っているものの、業務内容やメリット、デメリットというものはなかなかわかりにくいものです。 そのため、転職においても不安がある、という方もいるでしょう。 それでは、管理薬剤師というものはどのよう・・・

薬剤師がエリアマネージャーになるということ

薬剤師がエリアマネージャーになるということは、いくつかの店舗や支店を受け持つ責任のある役職につくということです。 そのため、いくつかの店舗がある会社でなければならない、その仕事を未経験でいきなり管理者側のエリアマネージャ・・・

薬剤師のボーナスってどのくらい?

薬剤師のボーナスが高いところか低いところ、どっちがいい? と聞けば高いほうがいいというのが普通でしょう。しかし、ボーナスだけで転職先を決めるのは難しいことですし、同時にないがしろにするわけにも行きません。 実際に賞与とい・・・

チーム医療で薬剤師の立場の変化と転職事情

チーム医療で薬剤師の立場は大きく変化していて、それは6年制導入などからも感じられます。 しかしだからといってチーム医療を行うためのハードルが高くなったと考えるのは少々短絡的かもしれません。 ただし、転職先の選び方に失敗す・・・

薬剤師が転職でキャリアアップ出来るためにおすすめの資格って?

薬剤師の転職でキャリアアップをするならどのような資格がオススメ? 薬剤師が転職でキャリアアップといえば、現在のところ、様々な認定薬剤師・専門薬剤師資格があります。 認定薬剤師の中でも代表的なものを挙げただけでも認定実務実・・・

薬剤師の転職、高収入を狙うならここを気をつける!

薬剤師が転職で高収入職を狙うにあたっては、様々な条件というものがあります。 前職での経験や仕事内容の違いなど、その条件によって薬剤師の高収入の仕事への転職方法は変わってきます。 ここで代表的な流れと注意事項を解説していき・・・

crcは薬剤師にとってどのようなやりがいのある仕事なのか?

crcの薬剤師というのは、あまり給料が高くないことなどがクローズアップされがちですが、それでも多くの薬剤師が転職先として選ぶのはやはりcrcのやりがいの大きさからでしょう。 しかし、その実態というのは謎が多いためになかな・・・

薬剤師と処方権の関係って?処方権の有無と薬剤師の立場とは?

薬剤師の処方権についてですが、私たち薬剤師はあくまでも医師の指示に従って処方箋を詰めます。 しかし、それは海外では状況が異なる場合があります。 薬剤師の処方権の有無は以前から取りだたされてきた内容ですが、実際には現在どの・・・

薬剤師は時給によって職場環境や仕事内容が変わってくる?

薬剤師の時給は勤務形態や職種、仕事内容とさらに地域によって変動します。 仕事を選ぶ上で時給が全て、とは言いませんが、重要なファクターとなるのは間違いありません。 どんな背景で薬剤師の時給に違いが出ているかを見極めて、転職・・・

薬剤師の独立に伴う問題と得られるもの

薬剤師の独立といえば、調剤薬局の開業が有名です。特に最近の経済状況では、給与などの不満から、独立を考える薬剤師が増えています。 しかし、やはり独立に関しては不安が多く、何から手を付けていいか分からず、結局独立する勇気がな・・・

薬剤師の転職理由、その理由と原因、さらに解決方法とは?

薬剤師の転職理由は様々です。その中でも、いわゆる表と裏の転職理由というものが存在します。 それを使い分け、もしくは組み合わせることで転職活動を始めるかどうかの決断をしたり、転職活動を有利にすすめることが可能です。 とにか・・・

薬剤師の初任給は仕事によって違うって言うけど、どれが稼げるの?

薬剤師の初任給は一般的に高めだと言われていますが、仕事や勤め先の施設の規模によって異なります。 しかし、注意しなければならないのが、初任給が高いということが必ずしも生涯的な収入に関係しないということです。 それがどういう・・・

薬剤師のやりがいってなんでしょう?

薬剤師といえば、薬を出してくれる人。その認識は未だ残っていますが、薬剤師の活躍の場は大きく展開しています。 そのため、やりがいは多岐にわたり、やりがいがあることで自分の仕事を好きになれます。それはどの仕事にも当てはあるこ・・・

薬剤師の求人で残業なしは当たり前!?

薬剤師 求人で残業なしなのは当然、というのは本当なのでしょうか? どの仕事においても残業は、大きな問題です。 薬剤師についても同様で、遅くまで残業のあるハードな仕事もあれば定時上がりが出来る仕事もあります。その職場の体制・・・

薬剤師の給料はいいほうなの?

薬剤師の給料が良いか悪いかと言うと、最近は薬剤師になるためには6年の大学での勉強が必要になったため、結果的なコストパフォーマンスが悪いと言われています。 しかし、私に言わせれば、薬剤師の給料の良し悪しは、何に価値を置くか・・・

運営者情報 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ