「職種・勤務先」の記事一覧

薬剤師が車通勤可の求人を探す時の注意点6つ!

薬剤師が車通勤可の求人を探す時にはいろいろと注意すべきことがあります。 「車通勤可ってことはマイカー通勤できるんでしょ?何を注意するの?」 このように思うかもしれません。 でも、「車通勤可」という言葉の中にはいろいろと落・・・

子育て中の薬剤師は上手な働き方で仕事を両立させて親子で幸せになる!

子育て中の薬剤師の悩みというのは尽きません。 うまく仕事の時間を確保できない、仕事で疲れて子育てがないがしろになってしまう・・・など色々ありますね。 以前より子育てをしながら働けるような環境、認識が高まったといえど、完全・・・

潜在的ブラックドラッグストアを見分けるポイント

ドラッグストアで働いている、もしくは働こうと思っている、とだれかに言って大丈夫なの?と心配された経験はありませんか? ドラッグストアはその営業時間や薬剤師の存在感が薄くなりがちなことからブラックのイメージがぬぐえずにいま・・・

管理薬剤師として活躍するなら下調べが要!・・・管理薬剤師まとめ

管理薬剤師としてお金を稼ぎたい、効率よく残業なく働きたい、と思った時に注意すべきなのは、”管理薬剤師”というワードが職業ごとに大きくとらえられ方が変化するということです。 そのポイントなどを管理薬剤師になるための条件や仕・・・

管理薬剤師になるには、どんな条件が必要で実務経験はどのくらい?

管理薬剤師になるにはいったい何が必要でしょうか。 通常資格を手にするためには既定の勉強時間や指定の学校への通学、合格すべき試験があります。 対して、管理薬剤師を役職と考えると必要なのは実務経験とポストの、空きということに・・・

管理薬剤師の勤務時間と残業は職種ごとに異なる!?

管理薬剤師の勤務時間と残業ですが、勤務時間は職業が異なってもそこまで差は生まれませんが、残業の量は残念ながら各職種における管理薬剤師に求められる仕事量によって異なります。 どのくらいの残業が職業ごとに必要になる可能性があ・・・

管理薬剤師の仕事内容と役割、職業別の重要ポイントとは?

管理薬剤師の仕事内容と役割とは職業によって大きく異なります。 管理薬剤師にしかできないことをいつもの業務に追加して行うか、”管理”薬剤師としての業務をメインに行う場合があります。 その違いによって管理薬剤師としての役割が・・・

調剤薬局の薬剤師で中途採用組がむかつく新卒から勤続組とならないために

調剤薬局の薬剤師で中途採用組がむかつく新卒から勤続組とは、ほかの会社を経験しているというアドバンテージを脅威に感じたり、うらやましく感じることによって子供っぽい行動に出てしまう方を示す場合がほとんどです。 タイプ別にその・・・

調剤薬局の薬剤師で中途採用の新人がむかつく新卒の新人、タイプと対処法

調剤薬局の薬剤師で中途採用の新人がむかつく新卒の新人にはいくつかの種類があります。 新卒ならではのむかつくポイントの中でもよくあるタイプについて挙げていくとともに中途採用者の新人がとるべき行動の候補を見ていきましょう。☆・・・

調剤薬局の薬剤師で新卒の新人がむかつく中途採用の新人に一言、郷に入っては郷に従え

調剤薬局の薬剤師で新卒の新人がむかつく中途採用の新人にいくつかタイプがありますが、全体を通して言えるのは、むかつかれる原因は中途採用の新人が新しい職場に慣れようという気持ちが薄い場合がほとんどです。 具体的にそれがどうい・・・

調剤薬局の薬剤師で新卒から勤続組がむかつく中途採用組とは

調剤薬局で新卒から勤続組がむかつく中途採用組にはどのような人がいるのでしょうか。 新卒と転職組の違いは当たり前ですが、転職を経験しているか否かです。 そこを必要以上に強調することが最もむかつかれる転職組の特徴といえるでし・・・

調剤薬局の薬剤師がむかつく中途採用の新人、同業種間の転職者への対応

調剤薬局の薬剤師がむかつく中途採用の新人にはいくつかのタイプがあります。 むかつかれる原因として最も大きいのは、その新人が新しい職場に不満を抱いているからであるといえます。 その不満の原因となることを挙げつつ、それぞれの・・・

調剤薬局の薬剤師がむかつく中途採用の新人への対応について~他業界から編

調剤薬局の薬剤師がむかつく中途採用の新人へ対応するには、どのような工夫が必要なのでしょうか。 どのようなむかつく中途採用の新人がいるのか見ていき、合わせてその対処法を簡単に見ていきましょう☆☆☆

調剤薬局の薬剤師でむかつく、中途採用の新人の行動トップ3~調剤薬局から編~

調剤薬局の薬剤師でむかつく中途採用の新人とは、どのような行動を起こす人でしょうか。 新しい職場というのは誰しも不安を覚えるものです。 しかし、その不安を消すための行動が逆に自分を職場で不利な立場に追いやっているかもしれま・・・

調剤薬局の薬剤師がむかつく、中途採用の新人トップ3~ほかの業界から編

調剤薬局の薬剤師、むかつく中途採用の新人にはいくつか種類がありますが、総合して言えるのが、ほかの業界からの転職だと自分は新人だからできなくて当然と思っている新人です。 もちろん、実際にあまり仕事がわからないというのもあり・・・

調剤薬局の薬剤師でむかつく新卒の新入社員の典型と対策

調剤薬局の薬剤師でむかつく新卒の新入社員は残念ながらいます。 しかし、その典型と対策を把握しておくことで、働きやすい職場環境づくりに生かすことができます。 では、むかつく新入社員の典型とどう対処すべきかということについて・・・

調剤薬局の薬剤師でむかつく上司対策とは

調剤薬局の薬剤師でむかつく上司がいると日々の業務は大変になります。 その代表的な上司の種類、その上司がいても頑張る方法、そしてその他の対策などを見ていきましょう☆☆☆

調剤薬局で薬剤師がむかつく先輩の種類と対策

調剤薬局で薬剤師がむかつく先輩が一人いるとどんなに魅力的な職場でも嫌になってしまいます。 実際にいるむかつく先輩の代表的な例を挙げていきながら、一緒にそれらの対策を見ていきましょう☆☆☆

調剤薬局の薬剤師の「むかつく後輩」対策とは

調剤薬局の薬剤師でむかつく後輩にはいくつか種類があります。 それらの種類を把握し、対策を理解することで、むかつく後輩とのかかわり方を知るとともに、自身もむかつく後輩になることを避けることができるでしょう。 どちらの立場に・・・

大学病院の門前薬局の薬剤師のメリットとデメリット

大学病院の門前薬局の薬剤師のお仕事は大学病院から出される処方箋を扱うということから多くの種類の医薬品を扱えるというメリットがあると同時にそれらすべてを把握しなければならないというデメリットがあります。 把握しなければなら・・・

総合病院の門前薬局の薬剤師ならやる気と根性が必要!

総合病院の門前薬局の薬剤師として働くことからどのようなことが読み取れるでしょうか。 総合病院の近くには、その病院の処方箋を受け付けることを目的とした調剤薬局が並んでいます。 そうした薬局を門前薬局と言いますが、調剤薬局へ・・・

透析科の門前薬局の薬剤師として働くのにどのような注意点があるのでしょうか。

透析科の門前薬局の薬剤師として働くのにどのような注意点があるのでしょうか。 転職を考える際には、仕事内容の把握は重要です。透析科の門前薬局の仕事内容の傾向、どのようなタイプの人に合うのかを見ていって、転職先候補としてのポ・・・

門前薬局の処方箋枚数で転職先を選ぶには?

門前薬局の処方箋枚数からわかること、それは簡単に言ってしまえばその店舗の忙しさです。 門前薬局の勤務が忙しすぎる、と感じているのであれば、処方箋枚数を確認することで実際にどのくらい忙しい職場にいるかについて見当が付きます・・・

門前薬局の報酬減額で想定される薬剤師への影響

門前薬局の報酬減額が現実化する中、門前薬局の生き残り競争が始まっています。 経営者じゃなければ、関係ないことではありません。門前薬局が生き残るための対策を行う上で薬剤師にも大きな影響が及ぶのです。 そのため、転職を考える・・・

門前薬局はかかりつけ薬局へ強制転換!薬剤師にはブラックになる!?

  このように思っているあなたは、調剤薬局業界の流れに取り残されています。 だから、調剤薬局に転職すると、転職に失敗する可能性が高いです。   調剤薬局への転職を考えている人は、門前薬局とかかりつけ薬・・・

調剤薬局で人見知りする薬剤師が苦手な患者とは反応が極端な患者さん

調剤薬局で人見知りする薬剤師が苦手な患者としては、いくつかの種類が挙げられます。 あまり反応のない患者さんや気が立っている患者さん、そして人見知りする薬剤師が苦手とするよく話してくる患者さん。それらの患者さんの対応の仕方・・・

調剤薬局で薬剤師が怖い患者トップ3

調剤薬局で薬剤師が怖い患者とは大きく分けて3種類あります。 クレームばかりつけてくるお客さん、怒っていたり、イラついているお客さん、そして何も言わない、もしくは嘘つきな患者さんです。 それぞれについて事例を挙げていくとと・・・

調剤薬局で薬剤師が患者さん相手に悔しいと思うとき

調剤薬局で薬剤師が患者さんを相手に悔しいと思うときには、きちんとコミュニケーションが取れず、薬剤師、患者さん双方の言いたいことが通じないときが挙げられるでしょう。 悪意はなくとも薬剤師がうまく患者さんの意図を読み取れなか・・・

調剤薬局で人見知りする患者が苦手な薬剤師とは人見知りを理解できない薬剤師

調剤薬局で人見知りする患者が苦手な薬剤師には、患者さんがどう思っているのか理解できていない人が多いといえます。 そのような人は言われなくては気づかない場合が多く、特に人見知りする患者さんはなかなか自分の意見が言えないので・・・

調剤薬局で患者が怖い薬剤師とは、薬剤師の役割を果たせない薬剤師

調剤薬局で患者が怖い薬剤師とは、何も態度が悪い薬剤師だけではありません。 患者さんは薬剤師を信用してお薬を受け取るので、その薬剤師の行動が患者さんを怖がらせるものであると、その薬剤師は患者さんが怖いと思う薬剤師になります・・・

運営者情報 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

サブコンテンツ

このページの先頭へ